日本国内でギャンブルが許されているスポーツとは?

日本には厳しい賭博法があるとはいえ、賭けられるものがたくさんあります。日本ではほとんどの形態のギャンブルやゲームが禁止されていますが、もちろん例外もあります。おそらくパチンコはご承知かと思いますが、それ以外にも様々なスポーツで賭けることができるのです。

日本でも、長時間の勤務を終えた後、ギャンブルに寄りたがる社会人が大勢おり、個人にとっても社会全体にとっても、賭け事は非常に人気のある娯楽活動です。一般的に、日本人は競馬を筆頭とするスポーツの賭博に何時間も費やしています。では、日本国内で賭けることができるスポーツ全てを見ていくことにしましょう!

競馬

競馬は、ギャンブルのためのスポーツとして日本で最大級のもので、毎年21,000件以上のレースが開催される人気の高いスポーツです。フラットレース、ジャンプレース、ばんえい競馬(輓曳レース)の3種類があります。日本中央競馬会(JRA)と日本中央競馬会(NAR)が全レースを主催しており、JARは首都圏の大レース、NARは地方競馬をそれぞれ担当しています。社会的に有益なスポーツでありながら、完全に賭け事のために作られたスポーツですし、お金を儲けることも可能です。

日本の競馬界では、外国人のジョッキーや外国産の馬が出場することはほとんどなく、このようなアウトサイダーに賭ければ、大金を稼ぐチャンスが生じます。日本のファンは外国産の馬を避ける傾向があり、あるいは「外国人パワー」の影響を完全に過大評価しているようですね。

競輪 – 自転車競争

競輪とは、日本の自転車レースのことです。このオールジャパンのスポーツは、スポーツ賭博の上位に入りますが、日本では賭博業界への投資額が非常に大きいため、不思議なことではありません。自動二輪等が先導する種類のレースで、選手はペーサーの後ろでスタート時に速度を制限されつつ、勝利を目指して疾走します。1948年に賭博目的で開発され、2000年に公的イベントとなりました。

競艇 – モーターボート競争

競艇はモーターボートの競技であり、さらに激しいタイプのスポーツ賭博と言えます。このスポーツでは6隻のボートが参加し、300mの距離で2つのブイの周りを競います。男性も女性もチームを組んで競うことができ、非常に人気を博したため韓国にも広まりました。非常にワクワクさせられる競技であるため、ギャンブルとしてのチャンスも豊富ですよ。

スポーツ振興くじ(TOTO)- サッカー賭博

「toto」とは、伝統的な賭けサッカーの一形態です。賭け手としては、特定の試合での勝利チームやそのいかなる結果に対しても賭けることができます。さらに、スポーツ振興くじは、オフラインギャンブルとオンラインギャンブルの架け橋でもあります。つまり、賭け手は、指定の実店舗店とオンラインの両方で賭けチケットを購入できるのです。

以上、いかがでしたか?ここ日本では、ほぼ全てのカジノゲームやギャンブルは禁止されていますが、時間を潰したり、お金を稼いだりする方法は探せばあるのです。日本でいうスポーツ賭博は、主要な「スポーツ」であり、面白く刺激的なスポーツ試合や競技でギャンブルすることが可能なのです!